環境にいいだけではない太陽光発電

太陽光発電は太陽の光を使って発電するので、化石燃料で発電するのに比べ、二酸化炭素等の排出が少ないクリーンなエネルギーとして知られていますが、実は別の側面からも注目を集めているのはご存じでしょうか。実は太陽光発電では、発電中使わない電力を売ることができるというメリットがあります。そのため投資商品として今投資家の間で非常に話題になっているのです。

太陽光発電に投資するメリット

太陽光発電に投資するメリットとしてまず挙げられるのがマンションのように空き室リスクや徴収リスクがないため、人があまり集まらないような場所でも太陽光発電には影響をほとんど受けませんし、20年間の固定買取制度があるため利益が安定して出すことができます。
また、太陽光発電そのものの可動領域が大きくないので耐用年数が比較的長く、管理にそこまで手間がかからないのも大きなメリットとなります。
また、利回り率が非常に高くお金を借りて投資を行うことができるのでお金や土地がない人でも投資を行うことができます。

太陽光発電に投資するデメリット

太陽光発電のデメリットをあげると天候不順による発電量の低下や雪や雨によるパネルの破損や盗難、固定価格買取制度終了後の買取価格が不明確といったデメリットがあります。ただし、天候不順の発電量の低下やパネルの破損や盗難の場合、日照補償を設けている業者や災害保険を利用することができるのである程度カバーすることができますし、固定価格買取制度終了後は投資費用はすでに回収しているので発電機器の交換とメンテナンス以外はどんなに少なくてもすべて自分の収入になります。
総合的に考えて太陽光発電の投資は非常に魅力がある投資でしょう。

太陽光発電の価格を事前に調べてから、申込を検討する事ができます。設置の際の工事費用を併せて検討する方法も取れます。