丁寧な運転技術は必須

タクシー運転手に求められるのは、やはり運転技術です。交通事故が発生すれば乗客が怪我をしたり最悪死亡に至るので、そうなればタクシー運転手を継続するのが難しくなります。道路交通法違反は言語道断ですが、急加速や急カーブをすると乗客が不安になるので避けるべきです。その他通行人と接触しそうになったり、後続車にクラクションを鳴らされるような進路変更などもいけません。乗客に急かされてスピードを出すのもプロとして失格です。

エリアを知り尽くす情報量

タクシー運転手もカーナビを駆使して目的地にたどり着きますが、カーナビを使わなくても済むのであればそれに越したことはありません。目的地を言われても分からず、カーナビで検索しても出てこないという状況になると乗客は非常に困ります。更に全ての乗客はなるべく運賃を少なくしたいと思っているので抜け道や裏道を駆使すると喜ばれます。時間がかかって運賃も増えてしまうと、乗客とトラブルになる可能性があります。

コミュニケーション能力

タクシー運転手の仕事は乗客を目的地に送ることですが、だからと言って不愛想な態度が許される訳ではありません。車内でのコミュニケーションも立派な仕事で、快適な空間になるように努める必要があります。会話を拒んでいるようであれば沈黙を貫きますが、逆に他愛のない雑談を求めている乗客に対しては話し相手にならないといけません。タクシーの利用はほとんどリピーターがつく訳ではなくその場限りの関係性ですが、いかなる場合も乗客をぞんざいにに扱ってはいけません。

運転手派遣では数時間単位や一日単位で運転手の方を紹介してくれるシステムで、車さえあれば近場の家族旅行の運転代行を頼めます。