感情の起伏を込めて会話をする

営業で好成績を収めている人と結果が出せない人の違いに会話における感情の起伏があります。営業は商品を売ることが大前提にある以上、相手の心をいかに掴むかが重要なポイントです。これは日常会話にも置き換えることができますが、何の感情もなく説明をされるのと感情を込めて話をするのでは相手への伝わり方が全く異なります。相手が共感にしてもらえるように情熱を持って相手に語りかけることで始めてその商品の良さを理解してもらえるのです。

メリットではなくベネフィットを伝える

相手に商品を紹介する場合に良さを知ってもらうためにメリットについての説明を重視してしまうケースは少なくありません。もちろんメリットの説明については間違ってはいませんが、それ以上に大切となるのがベネフィットです。ベネフィットとはそれを使用することで得られる利益のことを指します。どんなに良い面を多く持っている商品であっても利益を生み出さなければ意味がありません。顧客はお金を出して購入する以上、どれだけの利益が期待できるかが最も気になるので、このベネフィットを意識して説明をしていくことが大切と言えます。

ニーズを掘り下げる作業に重点を置く

営業は商品の販売や商談の成立などが主な仕事ですが、そこには新規開拓という重大な役割があります。自社で取り扱っている商品に最初から興味を持っていたり購入に前向きになっている相手であればわざわざ営業という形でアピールをする必要はありません。営業にとって大切なことは興味を持っていない人に購買意欲を持たせることなので、いかに少ないニーズを掘り下げられるかが重要なポイントになります。

営業代行は営業業務の一部、または、営業の全てを代行することを言います。そのため、「販売営業」とは異なります。