そもそも確定申告とは

確定申告は所得にかかる税金(所得税および復興特別所得税)の支払をするための手続きです。1月1日から12月31日までの1年分を計算し、確定申告書・決算書などの必要書類を揃えて、翌年の2月16日から3月15日までに税務署へ申告・納税します。そして納めすぎた税金が還付金として戻るのも、確定申告を行うからなのです。

青色申告と白色申告の違い

青色申告には節税になる特典が5つあります。ですがその分、書類などに面倒な部分が含まれています。初めて確定申告をする場合には、躊躇って仕舞うかもしれません。青色申告も白色申告にも帳簿が必要ですが、白色申告の場合は単式簿記の簡易帳簿で大丈夫なのですが、青色申告には日々の取り引き全部を記載した複式簿記が必須となります。そして白色申告は事前の申請は不要ですが、青色申告は事前に申告しなければなりません。

青色申告の特典は5つ

青色申告をすることでひとつ目の特典が、青色申告特別控除で65万円かまたは10万円の節税ができます。さらに青色申告事業専従者給与を必要経費として算入させられるのが二つ目です。そして純損失を3年繰り越しできるのが三つ目、そして自宅を仕事場として使っている場合は光熱費などを経費として計上することが出来るのが四つ目です。五つ目となるのが減価償却を1年で300万円まで一括計上できることになります。通常は備品や建物に使った経費は10万円以上になると一切計上できませんが、青色申告で複式簿記では30万円未満のものは一括計上できるうえ、1年間で300万円まで可能となるのです。

申告書の色から、用紙が青で青色申告、白で白色申告の名称で呼ばれています。複式簿記を行うなど条件がありますが、事業者と同一生計の配偶者や親族への給与が経費にできるなどのメリットが少なくありません。