ちょっとしたアイデアが大切

お店をピーアールする一つの手段として紙袋やビニール袋に会社のロゴ等を印字することがあります。これはそのお店に足を運んでくれた人で商品を購入してくれた人には自社で作った袋に購入してもらった商品を入れて渡します。この袋に書かれているロゴが広告になって、色々な人の目に留まるようになるでしょう。よくあるのがスーパーマーケットの袋です。最近はエコの関係もあり、スーパーマーケットで袋を渡す光景もかなり少なくなっています。以前は、スーパーマーケットの袋にはお店の名前等が記載されていて、結構目立つものでした。基本的に購入した商品をお店が用意してくれた袋に入れて持ち帰るわけですから、持ち帰るまでの間に色々な人の目に触れます。これがお店のピーアールに繋がっていくわけです。ですから、袋に会社のロゴ等を入れてお店で袋を用意してあげることは大きな宣伝効果に繋がる可能性がでてきますので、おすすめの宣伝法です。

どこで袋を作ってもらうか

お店で使う袋を作る場合は、インターネットの通販サイトを利用しましょう。袋に色々なデザインを入れることができますし、袋にロゴを入れることも可能です。いかに目立つデザイン等にすることができるかによって、お店の宣伝効果も変わってきます。インターネットの通販サイトを利用しておけば、とてもリーズナブルな料金で仕上げることができます。その他にもお店のピーアールをする方法は色々とありますが、費用をかけずにさりげなくアピールするなら、この方法で決まりです。

小売店などの場合、ポリ袋の印刷を特徴付けて行うだけでも、売上に与える効果は大きくあります。特に、近隣に競合がある場合は目につくデザインに変えていく事で印象度を高めていく事が出来ます。