ワンポイント紙袋の効果について

ワンポイント紙袋とは、買い物をした時の紙袋に、ロゴや店名が入っているオリジナルの紙袋を意味しています。アパレルショップで洋服を買ったり、和菓子屋さんでお菓子を買った時などは、必ずと言って良いほど紙袋にロゴや店名が印字されているものです。紙袋に一目瞭然でわかるロゴが入っていれば、外から見て何を買ったのかすぐにわかります。したがって紙袋を持って歩くことは、お店の宣伝にも役立っているのです。ワンポイント紙袋には、間違いなくお店の宣伝に役立っていると言えるでしょう。

ワンポイント紙袋の種類について

ワンポイント紙袋は、印刷や加工法の違いによっていくつかの種類に分けられます。まずよく見られるのが、UV印刷です。これは紫外線を用いた印刷方法のことで、光を当てると艶が出るのが特徴です。赤外線の力によってインクを瞬時に硬化させるため、簡単にインクが乾いてしまいます。光の角度によってきらりと輝くことから、UV印刷は人気が高いです。価格はUV印刷を施す部分の面積によって、大きく変動します。また、高級感を演出したい時に人気のワンポイント紙袋が、箔押しです。これは金箔を用いた特殊印刷の一つで、熱と圧力の力によって、紙に金箔を転写します。単純に印刷した場合とは異なる高級感があり、ロゴとして使用するケースが多いようです。さらにワンポイント紙袋には、浮き出しという特殊加工もあります。これはロゴや文字の部分を少し浮かして印刷する手法で、立体感を演出できます。結婚式などで見かける場合が多いです。

紙袋の印刷とは気に入ったタイプの紙袋にオリジナルのデザインが印刷してもらえるサービスで、店舗や企業などが利用しています。