若い世代には当たり前のツール

数十年前では社員同士の連絡手段は電話のみで、電子メールが使われるようになったのもここ数年間の話です。文明の利器は短い期間にどんどん進化をとげて私たちの生活を変化させてきました。その中でもSNSは今では切り離せないツールになりました。コミュニケーションを円滑にするために社内でSNSを取り入れて、新たな試みを行っている企業も増えてきました。インターネットの授業を学校で受けてきた世代の社会人にはこういった試みは強みになります。従来の会社のやり方よりもこれから入社してくる人たちに標準を合わせることによって会社が現代的に躍進します。社内SNSによって、ネット教育を受けていない世代も若い世代とコミュニケーションを取りやすくなり、社内だけと線引きをすることによって、新鮮な上司と部下の関係を保つことができます。

きっかけを作り出す社内SNS

メールやSNSでは友人と普通にコミュニケーションを取ることは可能なのに会社の中では口数が少ないなってしまい、上司とうまく会話ができないという人も意外と多いと思います。社内SNSなら自分のプロフィールに趣味やマイブームを付け加えることによって、会話のきっかけをつくることができます。年配の人たちはSNSに慣れてないこともあるので、自分からコミュニケーションを取るアクションを起こすだけでも喜んでくれます。社内SNSなので最低限のマナーは必要ですが、上司の違った一面を見ることができるかもしれません。

社内SNSとは、社員同士で情報を共有するための、社内で使えるソーシャルネットワークサービスを指します。